レーザー脱毛の痛みの違い

エステサロンの光脱毛と医療機関のレーザー脱毛では、レーザーのほうが痛みが大きいです。

レーザー脱毛は毛の細胞を破壊しますが、光は少しダメージを与える程度の力だからです。効果が違うので当然痛みにも差が出てきてしまいますが、痛みだけで比較してしまうとレーザーはデメリットがあるように見えます。しかし、脱毛器によっては痛みが小さくて済むこともあります。医療機関では、医療用に作られた高性能な脱毛器を利用して施術します。

アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどがありますが、このうち痛みが大きいのはアレキサンドライトレーザーです。ロングパルスヤグレーザーは男性のヒゲに適しているとされていて、他のレーザーよりも深部まで光線が届くのが特徴です。女性の毛の処理によく使われるのは、ダイオードレーザーです。他のレーザーに比べて痛みがマイルドで、産毛の処理にも効果を発揮してくれます。

痛みの程度は、体調や施術者の技術力によっても異なります。痛みを感じやすい状態とは、緊張状態のときです。また、睡眠不足のときにも痛みを感じやすくなります。施術当日はしっかり睡眠をとった状態で、リラックスして受けることが痛みを緩和するコツです。技術者は、十分な経験や知識があることが重要です。スタッフが若年者ばかりだと経験が浅い確率が高いので、クリニックを選ぶときにはスタッフの年齢にも気を付けてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *