エステサロンと医療機関の脱毛の違い

テレビCMなどで目にする脱毛サロンの脱毛は、医療機関のものとは効果が全く違います。

似たようなものと思われがちですが、医療機関のレーザー脱毛は医療行為です。エステサロンの光脱毛は医療行為ではありません。レーザーは高い、光は安い、というだけではなく、最終的な仕上がりも違います。レーザーは毛の根元にある毛乳頭(発毛の指令を出す細胞)を破壊します。

発毛指令が出なくなれば、今生えているムダ毛も脱落します。細胞の破壊は法律で医療行為と定められてるため、医療機関でしか行うことができません。エステサロンの光脱毛でやっているのは、毛乳頭に少しダメージを与えることです。毛乳頭が破壊されるわけではないので、施術をやめてしまうと再びムダ毛が出てきてしまう可能性があります。

医療機関でしか扱うことができないレーザーは、光と違って強力です。なので短期間で効果を出すことができます。具体的には、5~6回の施術で処理が完了すると言われています。これに対して、エステの光は力が弱いので3倍近くの18回以上の施術が必要になります。期間にするとレーザーは1年、光は3年くらいかかります。

エステサロンは料金が安いですが、そのぶん長期間通う必要があり、かえってお金がかかることもあります。交通費なども考えると、医療機関で短期間で施術してもらったほうが安い可能性があります。医療機関だと医師がいるので、肌トラブルなど万が一のときにも迅速に対処してもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *