ワキガ治療で行われること

ワキガというのは、腫瘍のような病気ではありません。

アポクリン腺からでる汗によってにおいが発生するという症状ですが、そのままにしておいても医学上の問題もありません。それでも、においというのは非常にデリケートな問題なので、治療を受けたいと考える人が多いです。ワキガの治療は、軽度なものから重度なものまで、いくつかの方法があります。軽度であれば、汗を抑える塗り薬を処方してもらい、気になる部分に塗ることで症状を抑えることができます。

皮膚科や美容外科などで対応することができます。中等度であれば、汗を抑えるためにボトックス注射が行われます。においを止める働きはありませんが、汗の量を激減させられるので、効果があります。電気凝固法といって、電気針を毛穴に差し込み、電流を流すと言う方法もあります。電気により、アポクリン腺と皮脂腺を破壊しますが、脱毛効果もあるので、女性には一石二鳥の方法です。重度のワキガになると、治療ではなく手術が必要になります。

切開してアポクリン腺を取り出す方法や、最近は特殊な光をお肌の上から照射させることで、アポクリン腺を破壊できる方法も開発されました。どの方法も、医師と相談の上、どのように治療を進めていくかを決めておく必要があります。治療法にはメリットとデメリットの両方があるので、自分の生活に合った方法を選ぶことが大切です。手術をした場合は、消毒などのアフターケアが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *