ワキガはどうやって治療を行うのか

ワキガは症状の軽症度によって治療方針が異なりますし、もし手術をした方がいいケースであっても、患者さん本人が望まない場合もありますから、多角的に判断を行って最終的にどういう方法を選ぶのかが決定されます。

ボトックス注射は多汗症の症状を抑制するのにもよく用いられますが、軽度のワキガの治療にもよく使用されています。メリットは保険が適用されるので、経済的な負担が少ないという事です。ボトックスを打つ場合は、効果は半年から長くて一年ですから、定期的な注射を打つことになりますから、値段がかからないのは大きいでしょう。

他の目的でボトックスを注射する場合は、一回の施術にかかる時間は10分とされていますが、脇に打つ場合も同様ですから、すぐに終わりますし、痛みもありません。ワキガの治療を行いながら、同時に脇毛の永久脱毛までやってしまいたい場合に適しているのが、電気凝固法です。脱毛サロンで行われている電気を使った脱毛と同じく、毛穴に針を刺して微弱な電流を流す方法です。針を打ちますから、時間はかかります。

臭いの温床となる脇毛をなくすことができますし、見た目もきれいでツルツルの脇にすることができますし、臭いの元となるアポクリン腺や皮脂腺を壊します。毛穴に電流を流すという方法なので、どうしても痛みが発生しますが、痛み予防で医師が麻酔を行ってくれます。完全に再発する可能性が無くなるというわけではないので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *