シミ治療に効果がある外用薬や内服薬があります

シミとはメラニン色素が肌に沈着することで起こる、斑点のことを指します。

斑点ができる原因としては遺伝や紫外線の影響、老化、ホルモンバランスが乱れてしまうことなどと考えられています。種類としては、肝斑やそばかす、炎症性色素沈着、老人性色素斑など様々なものがあります。シミの治療は種類ごとに異なるものとなりますし、ひとりに対して複数の種類のものが混ざっているケースもあります。治療を行うためには、信頼できる皮膚科の専門医を受診することが大切です。

顔のシミ治療として行われているものは、美容皮膚科クリニックで施術を受けることができるレーザーを使用するものを思い浮かべる人も多いでしょう。シミの種類によっては、外用薬や内服薬でも改善効果を得ることが可能です。外用薬としては、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏があります。ハイドロキノン軟膏は強い漂白作用を持っていて、有効成分が5%から10%含まれています。トレチノイン軟膏にはコラーゲンを生成することによって、皮膚のターンオーバー機能を促進させることができます。

メラニン色素を排出することによって、肌の弾力やハリ、潤いなどをよみがえらせる効果が期待できます。どちらの外用薬についても経過観察を行ったうえで、シミの状態に合わせた用量や塗布回数が決められていますので、医師の指示の元で使用することが大切になります。効果を得ることができると考えられるものには、内服薬の服用による治療もあります。内服薬としては、トランサミンやビタミンC誘導体、ビタミンE、L-システインなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *