脱毛の仕組みとその施術方法

脱毛の仕組みを理解していると、施術をより効果的に受けることができます。

施術前には、カウンセリングを通してお肌や毛の状態の確認に加えて、脱毛の仕組みを教えてくれるサロンもあります。きちんとした知識を身に着けるためには、作用のことを理解しなければいけません。
まず、脱毛のときに使われる機械ですが、ヘッドの部分から特殊な光が出るようになっています。

この光は、黒い色に反応するという性質を持っていて、お肌の上から照射させると、被布にはほとんど向かわずに、毛に集中的に向って行きます。

毛に到達した光は、毛の根元にある毛根を破壊して、毛が生えてこないようにします。


一度破壊された毛根は再生されないので、一度施術した毛穴からはムダ毛が生えてこないようになります。



このように書くと、一度施術を受ければすべての毛がなくなるように感じますが、それは間違いです。



毛は常に生え変わっているために、生え変わりのリズムに合わせて6回ほど施術が必要になります。2~4ヶ月ごとに生え変わっているので、ムダ毛がなくなるまでには1~2年という歳月がかかります。



また、黒い色に反応するということから、日焼けしたお肌には施術ができないことが分かります。

脱毛期間中は紫外線対策をしっかりとしておくことが大切になります。

ホクロやアザなど、一部分だけ色が濃いところには、肌色のシールを貼って隠すことで施術ができるようになります。

気になる点があれば、スタッフに相談してみましょう。