脱毛後に多いトラブルとは

脱毛をした後によくあるトラブルとして毛のう炎があります。
これは、皮膚に付着した雑菌が毛穴の中に入ることで炎症を起こしてしまう現象であり、誰にでも起こり得ることです。

対策としては、脱毛をする際には肌を衛生的に保ち、処理が終わってからもバイ菌が入らないように気をつけることが大切です。開いた毛穴からバイ菌は入りやすくなりますので、いつまでも閉じないようなら収れん化粧水を使うというのも有効です。



収れん化粧水は開いた毛穴を引き締めて少しずつ閉じてくれますので、リスクを小さくすることができます。


脱毛後は乾燥も起こりやすいのですが、実は乾燥にも毛穴の開きが関係しています。
毛穴が開いた状態になると肌中の水分が蒸発しやすくなりますので、いつも留めておくような量を留めておくことができずに乾燥がすすみます。


ですから、処理後はできるだけ早く毛穴を閉じるようにすることが大切です。

また、色素沈着は肌中のメラニンが生成されることが起こるのですが、なぜメラニンの生成量が増えるのかというと脱毛時に肌に負担をかけているからです。



刺激を与えることによっていつもよりたくさん生成されたメラニン色素が肌に留まる時間が長くなると色素沈着やシミになりますので注意しなければなりません。

対策としては、保湿ケアを徹底して潤いを維持し、肌細胞の働きを活性化させるような成分を利用することが大切です。



ターンオーバーが順調なら古い細胞はどんどんはがれ落ちます。