脱毛方法は毛質や肌質で選ぶ

脱毛方法を考える時、それぞれの特徴を理解するだけでなく自分の毛質や肌質を考慮する必要があります。

例えば、ムダ毛が濃くて目立つ人は単純に抜いているだけではムダ毛の悩みを根本的に解決することができません。



しっかりとした質の人は再生するのが速いことも多いので、処理間隔が短くなって肌に傷をつけてしまうリスクが高まります。



そのような人にはムダ毛の再生自体をストップさせることのできる方法が適しており、ムダ毛が生えてこないような状況を作ることが大切です。
肌が弱い人も同様であり、繰り返し処理を行うことが肌ダメージの最大の原因になっていますので、一度完璧に処理を行ってしまえばその後は行わなくても済むようにムダ毛の再生を止めることができた方が安心です。
ムダ毛の質が細くて目立たない人、肌質が丈夫でトラブルを起こしにくい人なら、一時しのぎの方法で脱毛するのも有効です。


このタイプは繰り返し脱毛をしても大きな問題が生じることが少ないので、それほど気を使わずに処理を行うことができます。脱毛後に発毛抑制効果のあるローションやジェルを塗っておけば、毛母細胞の働きを徐々に弱らせることができますので、長い目で見るとムダ毛の悩みを根本から解決できます。

もちろん永久脱毛法のように即効性はありませんので長い期間を必要としますが、トラブルもなくムダ毛処理を安定して続けられるのなら発毛抑制ローションとの併用も有効な選択となります。